阿部大地郎のチームライセンスプラスアンバサターについての考察 - 最新ネットビジネス 副業情報

阿部大地郎のチームライセンスプラスアンバサターについての考察

よしくんです。


ここ最近はネットを起点とした

実業の展開に力を入れていることもあり、

このブログも

ほとんど手を付けていませんでしたが、

先日たまたまインフォ業界ど真ん中で

頑張っているの人間と飲んだ際に、

「業界のガンともいえる人物が

また大掛かりなプロモーションおっぱじめて

いよいよヤバそうだよ・・」


と教えてくれたのが、

このライセンスプラス(ザ・クレスト)なる案件。


ライセンスプラスヘッダー




阿部大地郎のライセンス+(プラス)




特定商取引法に基づく表記

<価格>
チームライセンスプラス 
213,840円

※参加直後アップセルあり

チームライセンスプラスアンバサダー 
498,000円

<販売者> 
株式会社ライセンスプラス

<住所>
東京都港区南青山2-24-15

連絡先
info@the-crest.biz




毎月10~300万円が手に入る生活をあなたにあげます。

としてドドーンと打ち上げられて、

9月29日現在、

無料キャンペーン登録者数4万5000人、

そして有料(20万円ほど)の

チームライセンスプラスへの参加者も

購入者だけが見られる

こちらのアップセル動画の再生数を見る限り、

最低でも600名ほどはすでに参加していることが分かります。





最終的には

1000名規模になるのかなと思われますが。



実際に今時点で

阿部大地郎氏の名前や

ライセンスプラス絡みで検索してみると案の定、

その話題性に付け込むハイエナブロガーたちが

いつも通りろくに検証もせず、

ろくな根拠も示さずに

危険だ詐欺だなんだとワンワン騒いでる記事で

すでに埋め尽くされちゃってますが・・・^_^;



一方で、冷静に判断しているこんな記事もありました


↓↓

阿部ダイジロウさんのザ・クレストへの疑問を書きます。

前回の記事では、出資法に違反するのでは?という疑問を書きましたが、
さらに、ザ・クレストのキャンペーン参加者の募集は、
金融商品取引法にも違反しているのでは?という疑問があります。

金融商品取引法では、
「集団投資スキーム」の権利を業者が売ることについて
規制をかけています。

この「集団投資スキーム」の権利とはどういうものかというと、


1 他者から金銭などの出資・拠出を集め、

2 当該金銭を用いて何らかの事業・投資を行い、

3 その事業から生じる収益等を出資者に分配するような仕組みに関する権利



という条件を満たすものとされています。

そして、この「集団投資スキーム」の権利を自分で売る場合には、
その業者は原則として金融商品取引業の登録を行う必要があります。

また、権利の販売の際には、
法律で定められた書面の交付などを行う必要があります。

詳しくは金融庁の解説ページ
http://www.fsa.go.jp/ordinary/fund/をご覧ください。

そこで、
ザ・クレストの「ライセンス・プラス」の仕組みを分析すると、

1 キャンペーン参加者から参加費としてお金を集めて、

2 そのお金で「ライセンス・プラス」の事業を行い、

3 「ライセンス・プラス」から生まれた収益を参加者に配る、


という仕組みになっているので、
「集団投資スキーム」にあたる可能性があります(注)。

そうすると、阿部ダイジロウさんの会社は、
ライセンス・プラスの参加者を集める前に金融商品取引業者として
登録し、また、キャンペーン参加者に金融商品取引法に従った書面を
渡さないといけないことになりそうです。

しかし、そのようなことを行っている気配はありませんし、
なぜ金融商品取引業者としての規制を受けないのか
についての説明も見当たりません。

参加費の金額がまだ公表されていないので、
現時点では断定的なことは言えませんが
(このように、参加費の金額をなかなか説明しないという手法も、
消費者の立場から見ると非常に問題が多いものだと思います)、
このキャンペーン参加者の募集には、
金融商品取引法違反の可能性があると思います。

そのため、阿部さんの会社は、
金融商品取引法に違反していないと言える根拠について
消費者に正確に説明すべきですし、消費者としては、
法令違反ではないことが証明されない限り、
阿部さんの会社にはお金を払うべきではないと思います。

(注)ザ・クレスト側の立場に立って弁護すると、
宣伝キャンペーン参加者は、ザ・クレストのビジネスパートナーであって、
投資をしているわけではない、
そのため「集団投資スキーム」にはならない、
という言い訳は一応できるかもしれません。

しかし、阿部さんは、宣伝キャンペーン参加者が行うことは
(お金の支払いを除くと)
フェイスブックでシェアしたり、いいねを押すことぐらいで
負担はほとんどないという説明もしているので、
この言い訳も苦しい気がします。

引用元:http://chinastockinvestment.seesaa.net/archives/20160926-1.html



上記では

「金融商品取引法」から見た

ライセンス+の問題点について

客観的事実をもとに指摘されていますが、

その他にもちょうど2日前に

私がいつもお世話になっている弁護士さんに

この案件の趣旨と募集概要を説明したところ、

不特定多数の者に対する

元本を保証した出資の受入れを禁止する、

出資法にも抵触するんじゃないかという話でした。



確かに

「再現性100%」 「確実に」

といった言葉を

動画上でも何度も口にしていますので、

これは事実上の元本保証と捉えることが出来るでしょう。


要するに、

そもそも立ち上げる新サービスがどうなるか云々の話ではなく、

参加すること自体が、危ない橋を渡ることになる

ということを踏まえた上で

判断しなければならないということです。




儲かる儲からないといった小さな次元の話ではなくて、

単純に上記のような法律に

思いっきり引っかかっている可能性が極めて高い、

場合によっては東山倶楽部事件などと

同じようなことになりうる、

ということだけは事前にはっきりと認識しておくべきです。




あとから問題が次々に明確になってくれば、

当然阿部氏がビジョンとして掲げているような

yahoo広告やTVCMや電車の中吊り広告等を使った

トライアングルマーケティングなどの話も

当然立ち消えになるでしょうし、

仮に阿部氏自身が窮地に追い込まれるようなことがあれば、

チームメンバーが出したお金がどうなるか、

考えればわかりますよね。



このザクレストという名称でスタートしたプロモーションでは、

VIPアフィリエイターに対しては

1リスト3000円という超高単価報酬を約束しており、

集まった4万5000件のリストの大半が

そのVIPルートのリストであることを踏まえると、

どれほどの経費がかかっているかも計算が付くことでしょう。



ちなみに1つ突っ込みを挙げておくと、

阿部ダイジロウ氏は今年5月頃に

yahoo広告市場から締め出しくらってますので(界隈では有名な話)

その辺り踏まえてもそもそも構想に無理があるような気もしますが。



また、新サービス、

ライセンスプラス販売プロモーション始動後、

関係者にはこんな本音も吐露しちゃっています。



facebookabe



>最初は、お金集めに、なんとなく始めたキャンペーンでした。
>金配ると言えば、群がってくるだろうと始めました。


>これ、ヤバいんじゃないの?俺、最後詐欺罪で捕まるんじゃないの?
>俺の未来は?会社のスタッフは?インフォ業界は?
>ついに、日本中を震撼させるニュースに?


・・・こんな本音をさらっと語れてしまう阿部氏は、

やはり凄いです。



普通の感覚であれば、

捕まるんじゃないかと思うようなことは

そもそも行動に移しませんし、

ましてやそういった思いなどを

第三者に対してこのように語ることなんてありえません。



この阿部氏の例からもわかると思いますが、

ネット有名人系のネットビジネスの場合は、

いかに自分の中にあるマインドブロックを破壊するか、

リミッターを外して思考を振りちぎるかで

収入の桁が1つも2つも変わると言われています。



だから巷でみかけるネット有名人たちは

恥も外聞もなく真顔で夢みたいな話を真実かのように語り、

時には涙したり、怒ったり、家族や両親を利用してまで

集金活動に精を出すことができるわけです。




正直、今後阿部氏が軸となって

展開する(予定である)ライセンスプラスについては

現時点では様々な部分でまったくの未知数であり、

またそもそも公開前の今の段階で評価を下すことは出来ません。



しかし、現時点で

法律の専門家がそのチーム募集方法の仕組みについて

限りなくクロといえるという判断を下してしまっている以上、

仮にチームライセンスプラスのメンバーの大部分が

満足するようなサービスであったとしても、

一部メンバーが出資法や金融商取引法に

抵触してるんじゃないかと騒ぎ出せば、

途端に旗色が悪くなってしまう可能性がある


ということだけはあらかじめ認識しておくべきでしょう。



阿部大地郎氏の話は、

放題ビジネスの解説等確かにおもしろい部分もありますし、

非常に魅力的だと感じる方が多いことも分かります。



ただ、今の段階では、

手を出すと厄介なことになると思われる要素が多すぎる。



この「ライセンスプラス」については、

今後実際に参加して実践してる方からのコメントや

私の記事そのものに対して

「そーじゃないよ!」という反論も受け付けてますので、

まずは気軽にご相談、メッセージ等頂ければと思います^^



よしくんでした^^

コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-09-30 20:36 from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-10-14 16:53 from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-11-10 17:33 from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-04-18 06:23 from -

トラックバック
Copyright © 最新ネットビジネス 副業情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます